廣瀬養鯉場・トップ
郡山と鯉
鯉の養殖
鯉の加工
会社案内
商品一覧
お買い物
法律に基づく表示
ご注文・お支払方法
?コラム
リンク
お問い合わせ【廣瀬養鯉場】


(有)廣瀬養鯉場・会社案内

廣瀬養鯉場・地図
※お車で
 郡山南インターより約10分。運転免許センターを目印においでください。
※電車→バスで
 郡山駅より「運転免許センター行き」のバスにお乗りください(約30分)。免許センターからは100mくらいです(バス停からは200m以上あるかも知れません)。
※ご注意
 当店は非常に分かりにくく、行き過ぎる方・発見できない方が続出しております。お越しの際は、十分にお気をつけください。
(有)廣瀬養鯉場/美女池ヒロセ・カープ
分かりにくい旧・当店
 (有)廣瀬養鯉場
     /美女池ヒロセ・カープ
〒963-0201
福島県郡山市大槻町字美女池上14−6
       Tel 024-951-1338
       Fax 024-961-6235
       午前9〜12時・不定休

(有)廣瀬養鯉場スタッフ→

※皆、控えめな性格なので、
写真は小さめです。
一番左が代表取締役・廣瀬敏雄
左から二番目、養殖責任者・廣瀬一臣
一番右、加工責任者・廣瀬 剛
スタッフ


「廣瀬養鯉場」の沿革(概略)

●大正7年(1918)頃、「廣瀬養魚場」(本家)として、郡山市富久山町で鯉の養殖・ニワトリの養殖(卵)を始める。


●昭和24年2月、二代、廣瀬芳松が分家。郡山市大槻町の美女池を借り受け、同年4月より「廣瀬養鯉場」として鯉の養殖を始める。年間養殖量50トン規模。
 (分家が各々鯉の養殖を始め、本家と合わせ「日本一の鯉屋」と言われる)


●昭和55年、廣瀬敏雄が三代目就任。


●昭和60年、年間養殖量150トン規模へ。


●平成2年、年間養殖量300トン規模へ増産。鯉加工業務「鯉うま煮・鯉あらい」の製造・販売開始。


●平成6年、有限会社へ。


●平成12年、廣瀬一臣が養殖責任者へ。


●平成14年、廣瀬剛が加工責任者へ。


●平成15年、「鯉刺身・鯉甘露煮・鯉昆布巻・鯉くんせい」製造・販売開始。


●平成17年、年間鯉養殖量350トン規模へ増産。


●平成27年、廣瀬一臣が四代目就任。


 (現在「廣瀬」の名で鯉の養殖を行っているのは、弊社のみです)


 ★なお、弊社は会社の沿革や歴史などは大して重要ではなく、「今、そして未来」が大事であると考えています。



各種マスコミなどの取材・協力依頼等

         (主なマスコミのみ・敬称略)
NHK
TBS
フジテレビ
テレビ東京

BS‐TBS
BS-JAPAN

NHK仙台
宮城テレビ

NHK福島
テレビユー福島
福島中央テレビ
福島放送

読売新聞
東京新聞
朝日新聞

東京中日スポーツ

福島民報
福島民友
河北新報

ラジオ福島
ふくしまFM
KOCOラジ

J-WAVE

その他、各報道機関等、多数ございます。




Copyright(C)2002-2017
HIROSE YOURIJOU (HIROSE-CARP) Ltd. All Rights Reserved.

  1. 無料アクセス解析