廣瀬養鯉場・トップ
郡山と鯉
鯉の養殖
鯉の加工
会社案内
商品一覧
お買い物
法律に基づく表示
ご注文・お支払方法
?コラム
リンク
お問い合わせ【廣瀬養鯉場】

鯉の養殖・廣瀬の鯉について


1,鯉養殖と鯉加工の一貫生産

廣瀬の鯉(2歳)  当社の鯉の養殖は、5月に親鯉を選別し、卵を産ませるところから始まります。水の管理や餌を与える作業は大変です。全滅ということもあります。そして1kg〜2kgになった鯉を、翌年の冬に出荷・加工します。苦労をしてまで鯉の養殖にこだわるのは、出所の分からない鯉を使いたくないからです。
安積町荒池
 鯉は、産まれた年を1歳、翌年を2歳と呼びます。当社では、
4歳以上(産まれて3年以上)の鯉は使いません。なぜなら、そのような鯉は身が硬く、美味しくないからです。身が締まっているのと硬いというのは別ものです。また、3歳になるとメス鯉は卵を持ち、身の栄養を取られるので、美味しくなくなります。
蓄用池  他の鯉養殖業者さんや加工会社さんは「美味しい鯉に育つまでは、3年以上はかかる」などと言っておりますが、それは間違いです。鯉のことをよく知らないか、えさのコストを抑えるための言い訳です。
選別・出荷  このように、鯉に卵を産ませて育てるという養殖をし、しかも加工までを一貫して生産する鯉屋さんは少なくなりました。今では、養殖専門業者から加工専門業者が仕入れて加工することが、ほとんどになってしまいました。鯉加工会社が「鯉の養殖」について詳しく説明できないのはこのためです。






2,餌にもこだわる

蛹と麦  当社では、餌にもこだわりがあります。特注の配合飼料のほか、蚕の蛹(かいこのさなぎ)・麦・パンを与えています。蛹は活動エネルギーに。麦・パンは、例えば牛にビールを飲ませて霜降り肉にするように、いうなれば鯉を「トロ」にするために与えています。現在、蛹や麦を与える鯉屋さんは、ほとんどありません。
かつぎ沼  泥臭くないのは当たり前の話であり、そのような話をしている鯉屋さんは当社としては信用できません。当社は、ワンランク上の養殖を行っています。鯉を好きな人が食べれば分かる、本当の鯉の味を守るための努力は惜しみません。


※「蛹を与えれば、脂がのる」とお思いの方が多いと思いますが、
  蛹だけでは駄目です。やはり麦を与えることも大事なのです。




 

鯉の養殖講座1(蛹と麦は煮る)

煮上がった蛹・麦  単に、蚕の蛹や麦を与えると言っても、ただ与えたのではいけません。蛹と麦は、煮てから鯉に与えます。
「なぜ、煮るの?」このような質問には、いつも質問でお答えしています。「皆さんは、お米を生で食べますか?」と。そうです。煮る事によって、軟らかくなり栄養の消化吸収が良くなります(たぶん味も・・・?)。
(左の写真は、蛹・麦が煮上がって混ぜている様子。通称「釜場」で煮ていますが、この釜場の気温は、真夏には50〜60℃にもなります。大変な、かつ地味な作業ですが、重要な仕事です)



 ※2002年に使用の配合飼料は、日本農産工業株式会社製です。

 配合飼料の仕様書・証明書等のページへ(約165KB)

※2003年に使用の配合飼料は、日本配合飼料(鹿島飼料)株式会社製です。

 配合飼料の仕様書・証明書等のページへ(約130KB)


(有)廣瀬養鯉場・鯉養殖過程表

1年目(1歳)
1、産卵        5月上旬〜中旬
2、孵化        5月中旬〜下旬
3、稚魚放流         6月中旬
4、仔鯉移動      10月〜11月
   ↓冬眠
2年目(2歳)
5、仔鯉放流          3月頃
6、水揚げ        9月〜12月
選別・出荷・加工
3年目(3歳)
出荷・加工されなかった鯉は、3月に再度放流され、
注文に応じて随時水揚げし、出荷・加工されます。
(2歳の鯉が水揚げされる、9月下旬まで)

注1:出荷は主に長野県・新潟県・会津若松市・栃木県・山形県などです。
(当社はもともと、鯉養殖・卸売会社です)

注2:3歳の11月以降の鯉は食用としては使いません。
(脂が落ち、身や骨が硬くなり味が悪くなるので)

注3:弊社で養殖している鯉の品種は、大和鯉(日本古来種)です。





鯉に関する一般的な質問と答え・Q&A集


Q1:  錦鯉や緋鯉は食べられるのですか?

 A:  食べられます。
     ただし、錦鯉や緋鯉は、一般的に高価ですし、
     観賞魚用のエサを与えられていることが多いため、
     食べるというのは・・・、どうか・・・と思います。



Q2:  卵から孵化したばかりの鯉の大きさは、どのくらいですか?

 A:  約2mmです。(下が孵化の瞬間の写真です)
    鯉の孵化の瞬間



Q3:  子供と大人の鯉のえさは、違うのですか?

 A:  子供の時は、粒の小さいえさを与えます。
     さなぎなどは、つぶして与えます。
     また、配合飼料の栄養素も違います。
     (下の写真は、配合飼料の粒の大きさの見本。
     左は1つ無くなってますが・・・気にしないでください)
    鯉用配合飼料・見本



Q4:  鯉の種類はどのくらいあるのですか?

 A:  日本には、40種類15亜種がいるとされていますが、
     最近の研究で、増える可能性があります。



Q5:  鯉の寿命はどのくらいですか?

 A:  一般には、20年となっていますが、
     30〜60年が普通です。
     長寿は、150年と言われていますが、
     充分な立証が無く、真偽不明です。



Q6:  鯉は、共食いはするのですか?

 A:  基本的にはしません。
     ただし、餌と間違えて鯉の卵を食べてしまう、
     また、大きい鯉が口に入ってしまった
     小さな鯉(稚魚)を食べてしまう、
     ということはあります。



鯉の飼育に関する質問と答え・Q&A集


Q1:  池は、コンクリートで作っても大丈夫でしょうか?

 A:  大丈夫です。弊社の蓄用池もコンクリート製です。
                       (下記、写真参照)
     ただし、作って直ぐに鯉を放すのは止めてください。
     コンクリートから、アク?(アルカリ性の物質?)が出ます。
     そのため、池の水を2・3回ほど交換するか、
     2・3日、水を流しておくのが良いと思います。
     それでも心配な場合は、金魚を放すなどして様子をみてください。
    コンクリート製の鯉の蓄用池



Q2:  鯉を飼いたいのですが?

 A:  漠然とした質問が一番困るのですが、
     まずは、鯉の飼い方の本を、お買い求めになられ、
     お読みになられることをお勧めします。
     と言うのも、どんな鯉屋さんのホームページを見ても、
     本の情報量には敵いませんので。
     その上で、鯉を飼うという方が良いと思います。
     (始めから上手に飼える方は、そうそういません)

     ちなみに、注意すべき点を下記に列挙します(大雑把です)。

    1、酸素不足
     地下水(井戸水)を利用している方は注意。
     特に夏場は、あっという間に、この状態に陥りやすいので
     気を付けてください。

     水を吸い上げて、少々高いところから落とすような装置や
     空気を送るポンプのようなものが
     販売されていると思います。
     そうしたものを利用してください。
     (下記の左側の写真は、地下水を出しているところです。
      但し、河川水と併用し、酸素を供給する。
      右側の写真は、業務用ですが、このような手段もあります。
     「曝気〈ばっき〉」や「エアーレーション」で検索すると
      いろいろ出てきます)
地下水放出と曝気塔使用


    2、餌の与えすぎ
     鯉は人に慣れると、「餌をくれ」とばかりに近寄ってきて、
     とても可愛らしく感じるのは分かりますが、
     餌の与えすぎは駄目です。
     まずは、「少ないかな」と思う程度で様子をみてください。
     そのうちに、感覚で「この位かな」と分ってくるようになります。
     
     また、水温が低い冬の時期は、餌を与えないとか、
     餌は、朝や午前中に与えるようにするなど、
     細かく言うと、かなり気を使う部分があります。


    3、他の動物に食べられる
     鳥(サギ、カラス)や、タヌキ、キツネ、イタチなど。
     凄いところでは、ミンクにやられたという話もあります。
     鯉の養殖をしていると、カワウの被害が甚大です。
     防御用金網やネット
     上の写真のように、鳥に対しては、ネットや金網で防ぐ。
     
     下の写真のように、
     他の動物に対しては、柵を使うしかありません。
     (なお、鯉の飛び上がり防止効果もあります)
     柵(動物よけ、鯉の飛び上がり防止)




「鯉の養殖」ページ上部へ




Copyright(C)2002-2016
HIROSE YOURIJOU (HIROSE-CARP) Ltd. All Rights Reserved.

  1. 無料アクセス解析